生活支援記録法の概要

生活支援記録法の定義

多職種協働によるミクロ・メゾ・マクロレベルの実践過程において、生活支援の観点から、当事者ニーズや観察、支援の根拠、働きかけと当事者の反応等を、F-SOAIPの項目で可視化し、PDCAサイクルに多面的効果を生む、リフレクティブな経過記録の方法である。

叙述形式による記録と比較